私たちが内定を勝ち取るまで 立花 翔さん

一括資料請求

menu

専門学校AtoZ

専門学校の基礎知識

  • 01-04
  • 05-08
  • 09-12

専門学校への4つのROUTE

  • ROUTE1 高校を卒業して
  • ROUTE2 大学・短大を経て
  • ROUTE3 社会人を経験して
  • ROUTE4 海外から留学
  • 難関資格取得への道
  • 学校選択8つのポイント
  • 気になるお金のこと
  • 進学お悩み相談室
  • スペシャリストになろう
  • 保護者の皆さまへ
  • スペシャルインタビュー
  • 専門学校の「就職」はココちがう!!

閉じる

  1. 東京都の専門学校オフィシャルサイト TOP
  2. 専門学校の「就職」はココがちがう!!
  3. 過去の記事一覧
  4. 私たちが内定を勝ち取るまで 立花 翔さん

就職に強い専門学校へ

高い就職率を支える就職指導のヒミツ

私たちが内定を勝ち取るまで 立花 翔さん

2014年春★私たちが内定を勝ち取るまで

早くから中国料理に希望を定め、
インターンシップで理想の店に巡り合いました。

求人情報の収集方法
1年次後半に1ヵ月の店舗研修を行うのですが、その時点で中国料理のレストランという希望を出しました。研修先が必ずしも就職にはつながりませんが、私は研修半ばから「ここで働きたい」という強い思いが湧いてきました。
就活を通して感じたこと
調理師を目指す私たちは、入学直後から常に仕事を意識しています。和洋中のどのジャンルに進むのか、どんな規模の店で働きたいか。オールラウンドに勉強しながら、自分の適性を徐々に見きわめることが大事だと思います。
内定の決め手は?
料理長は中国薬膳料理の第一人者の方で、温かい人柄でスタッフ間の人間関係がとても良好でした。私も一生懸命仕事をした結果、研修の終盤に料理長から「デザートにも力を入れたいから、いろいろ学んで来い」と言われ、他のスタッフからも「学校を卒業したら来いよ」と声を掛けられました。思わず心でガッツポーズをしました。
後輩へのアドバイス
とにかく努力をすること。私は実習授業では積極的に動き、自宅ではできるだけ夕食を作るようにしました。
地域によって特徴のある中国料理を文献で学び、1ヵ月に一度は友人と有名レストランで食事をして舌を鍛えました。

シゴトで学校を探す

Search

学校情報検索

かんたん検索

シゴトで探す

シゴトで探す

  • 資格で探す
  • 路線や駅で探す
  • オープンキャンパスを探す