【スペシャリストになろう!】理学療法・作業療法など

一括資料請求

menu

専門学校AtoZ

専門学校の基礎知識

  • 01-04
  • 05-08
  • 09-12

専門学校への4つのROUTE

  • ROUTE1 高校を卒業して
  • ROUTE2 大学・短大を経て
  • ROUTE3 社会人を経験して
  • ROUTE4 海外から留学
  • 難関資格取得への道
  • 学校選択8つのポイント
  • 気になるお金のこと
  • 進学お悩み相談室
  • スペシャリストになろう
  • 保護者の皆さまへ
  • スペシャルインタビュー
  • 専門学校の「就職」はココちがう!!

閉じる

  1. 東京都の専門学校オフィシャルサイト TOP
  2. スペシャリストになろう!
  3. 理学療法・作業療法など

【スペシャリストになろう!】理学療法・作業療法など

心身の機能回復をサポートし、社会復帰へと導く

内科から外科、整形外科、難病まで、幅広い患者さんのリハビリを担当。「良くなった!福島さんありがとう」という言葉に支えられています。

福島 恵美 さん
FUKUSHIMA EMI

理学療法士

東京衛生学園専門学校 リハビリテーション学科 2013年卒業
神奈川県立橋本高等学校出身
医療法人社団慶泉会 町田慶泉病院 リハビリテーション科勤務。理学療法士4年目を迎え、新人や実習に訪れる学生の指導を任されている。

  • 取得資格:

    理学療法士

私の勤務する町田慶泉病院は、内科から外科、整形外科、難病に至るまで、幅広い疾患に携わっています。入院直後の「急性期」から、自宅に戻って生活することを目指す「回復期」、リハビリの結果が出にくい「維持期」まで、患者さんの症状はさまざま。中には、入院生活や身体の痛みからストレスを抱えている方もいるので、心のケアも欠かせません。

理学療法士をめざそうと思ったのは、中学生のころ。人と話すことが好きな私を見て、看護師の叔母がすすめてくれたことがきっかけでした。大学ではなく専門学校を選んだのは、1年早く理学療法士になれること、国家試験合格率の高さや歴史の長さなども考慮して東京衛生学園に進学しました。クラスのほとんどが年上という環境が自分に合っていたと思います。

この仕事をしていて一番喜びを感じるのは、回復していく姿を間近で実感できたとき。寝たきりの状態から、歩けるまでに回復して見事在宅復帰を果たされた患者さんのご家族から「こんなに元気になりました!」と写真付きの手紙をいただいたこともありました。本当に嬉しかったですね。知識も技術も必要ですが、何よりも大切なのは患者さん一人ひとりと向き合うこと。「痛み」や「辛さ」にしっかり寄り添いながら、一緒に努力を続けることが大切です。

「人のためになる仕事がしたい」という方は是非考えてみてください!私自身も「良くなった!福島さんありがとう」という言葉に支えられています。

専門学校で学ぶなら…

理学療法学科

理学療法士の資格を目標に、解剖学、生理学、リハビリテーションなど基本的な医学知識に加え、実習を通して理学療法のスキルを身に付ける。

作業療法学科

作業療法士の資格を目標に、心理学・社会学・教育学・社会福祉学など幅広い科目を履修し、病院や施設などでの作業療法実習で援助技術を習得する。

言語聴覚療法学科

言語聴覚士の資格を目標に、医学、心理学、音声、言語学、社会福祉、教育などの基礎知識をベースに、専門理論や言語聴覚障害者の支援技術を学ぶ。

視能訓練学科

視能訓練士の資格を目標に、眼科専門科目で基本理論を学び、病院等の実習で検査・接遇、訓練方法などを身に付ける。

義肢装具学科

義肢装具士の資格を目標に、医学、保健、心理学、工学などの理論をはじめ、専門分野である義肢装具関連の基本・応用、技術を学ぶ。

たとえばこんな仕事が…

  • 理学療法士
    病気やケガなどで身体が不自由になった人に基本的な動作能力回復のためのリハビリ治療を施す。
  • 作業療法士
    心身に障害を持つ人の自立と社会復帰を支える医療・保健・福祉・教育関係機関などに勤務して、さまざまな療法で治療にあたる。
  • 言語聴覚士
    言語障害や乳幼児の言語発達障害、聴覚障害などを持つ人に、言語・音声・聴覚の機能改善やコミュニケーション力の向上を目指して訓練・指導を行う。
  • 視能訓練士
    視覚障害者のリハビリや眼の機能検査・視能訓練など、眼の健康をサポートする。眼科医院などが主な勤務場所となる。
  • 義肢装具士
    医師や理学療法士等と連携し、義肢や装具を製作する専門家。就職先は義肢装具製作企業をはじめ、リハビリテーションセンターや病院など。

役立つ資格検定

理学療法士

国B

基本的運動機能の回復を目的とし、治療体操、電気療法などの物理的治療を行う。

作業療法士

国B

心身に障害がある人に、応用動作能力と社会的適応能力の回復を目的とし、手芸や絵画などの創作活動を通して治療を行う。

言語聴覚士

国B

聴覚、音声機能、言語機能の回復・維持向上に必要な指導を行う。

視能訓練士

国B

眼科で機能訓練・眼鏡・コンタクトレンズ合わせ、斜視の訓練治療などに携わる。

義肢装具士

国B

医師の指示のもと、義手や義足及び装具を製作提供し、調整などのアフターケアも行う。

※上記の受験資格は、いずれも3年以上の養成課程修了者

資格の欄の見方

  • 国 国家資格(国が法律に基づいて省庁の名前で与える資格)
  • 無印 業界団体などが独自の基準により実施する資格試験や検定試験
  • A 指定の専門学校を卒業すると同時に取得
  • B 指定の専門学校を卒業すると同時に受験資格を取得
  • C 専門学校を卒業、一定の実務経験を経て取得
  • D 指定の専門学校を卒業後、一定の実務経験を経て受験資格を取得
  • E 専門学校で資格試験のための教育を受ける

スペシャリストになろう!TOPへ戻る

Search

学校情報検索

かんたん検索

シゴトで探す

シゴトで探す

  • 資格で探す
  • 路線や駅で探す
  • オープンキャンパスを探す