【スペシャリストになろう!】貿易・販売・ビジネス

一括資料請求

menu

専門学校AtoZ

専門学校の基礎知識

  • 01-04
  • 05-08
  • 09-12

専門学校への4つのROUTE

  • ROUTE1 高校を卒業して
  • ROUTE2 大学・短大を経て
  • ROUTE3 社会人を経験して
  • ROUTE4 海外から留学
  • 難関資格取得への道
  • 学校選択8つのポイント
  • 気になるお金のこと
  • 進学お悩み相談室
  • スペシャリストになろう
  • 保護者の皆さまへ
  • スペシャルインタビュー
  • 専門学校の「就職」はココちがう!!

閉じる

  1. 東京都の専門学校オフィシャルサイト TOP
  2. スペシャリストになろう!
  3. 貿易・販売・ビジネス

【スペシャリストになろう!】貿易・販売・ビジネス

幅広い知識と見地で、経済の動脈に関わる

日々自分に蓄積される知識で成長を実感。通関士の資格を取得して仕事の幅を広げるのが目標です。

西川 真周 さん
NISHIKAWA MASHU

貿易ビジネス

専門学校東京スクール・オブ・ビジネス 経営学科 2015年卒業
埼玉県立南稜高等学校出身
株式会社阪急阪神エクスプレス勤務。成田第一通関センターで通関業務に携わる。

  • 取得資格:

    貿易実務C級

    ビジネス実務マナー検定 ほか

進路について考えはじめたのは高校1~2年のころでした。「貿易ってかっこいい」と興味を持ったのがこの仕事をめざしたきっかけです。でも、どのような勉強をすればいいのかわからずに模索していたところ、アパレル関連の輸入業をしていた親戚に話を聞く機会があり、フォワーダー(貨物利用運送事業者)の仕事のことを知りました。その後、貿易に関することをピンポイントで学べる学校はないかとインターネットで検索し、見つけたのが専門学校東京スクール・オブ・ビジネス。オープンキャンパスで、ぜひここで学びたいと思う先生に巡り合い、入学を決意しました。

当社の業務は多岐にわたっていて、私は通関センターに所属しています。営業担当者を通じて依頼された輸入貨物の検査や手続きなど、通関業務が主な仕事です。ありとあらゆる貨物を取り扱う中、生鮮貨物をメインに担当しているため、毎日が時間との勝負。貨物が到着してから3時間をめどに輸入の手続きを完了させなければならないため、輸入申告の書類作成など事前準備を完璧にし、正確かつスピーディーに仕事ができるよう心がけています。専門学校で学んだおかげで、知識がゼロからのスタートではない強みはありますが、仕事を始めてからも日々勉強することは山ほどあります。ですが、法律関連のことなど毎日自分に蓄積されていく知識を実感できることは、この仕事の醍醐味です。これからもっと勉強して、通関士の資格取得が現在の目標。資格を取得して、もっと仕事の幅を広げていきたいと思っています。

専門学校で学ぶなら…

貿易ビジネス科

輸出入に関する実務的な知識について、貿易実務検定試験を通して学習。コミュニケーションツールとして語学を習得する。

空港貿易学科

貿易実務・国際経済・貿易英語など幅広く学びながら、空港関連業務についても学ぶ。

ショップビジネス科

社会人として欠かせないビジネスマナーから、プロとして現場に立つときに必要となる接客技術、商品知識など、販売士に必要な技術を幅広く身に付ける。

国際ビジネス科

基本的なビジネス能力に加え、貿易実務やビジネス英語など海外取引にも対応できる実務能力を身に付ける。

たとえばこんな仕事が…

  • 貿易事務
    輸出通関手配や書類の作成などを行う「輸出業務」と、輸入通関手配や関税・消費税納付などを行う「輸入業務」がある。
  • 通関士
    輸出入品の通関手続きを業者に代わって行う。書類の作成から関税計算書の審査、税関に対する不服申立ての代行なども行う。
  • 販売スタッフ
    店舗での接客・販売のほか、商品のディスプレイ、受注や発注管理、棚卸しなどを行う。
  • 経営・企画スタッフ
    事業経営に関わったり、販売商品の開発などを行う。マーケティングなどのデータをもとに、新事業の立ち上げや業務の改革なども。

役立つ資格検定

通関士

国E

輸出入されている貨物の通関手続きをするために必要な国家資格。通関業法・関税法等・通関実務から出題される。

貿易実務検定

E

貿易実務や貿易実務英語の能力を判定。初歩的な知識をみるC級から、B級、高度な知識レベルをみるA級まで3段階ある。

ビジネス能力検定(B検)ジョブパス

E

社会人に必要な基礎知識を評価する3級、実践力を評価する2級、マネジメント能力を評価する1級がある。

販売士検定

E

店舗での販売小売業に関する専門知識を問うもので、基礎的な3級から経営者レベルの1級まである。5年ごとに資格の更新が必要で、その際に講習を受講する必要がある。

資格の欄の見方

  • 国 国家資格(国が法律に基づいて省庁の名前で与える資格)
  • 無印 業界団体などが独自の基準により実施する資格試験や検定試験
  • A 指定の専門学校を卒業すると同時に取得
  • B 指定の専門学校を卒業すると同時に受験資格を取得
  • C 専門学校を卒業、一定の実務経験を経て取得
  • D 指定の専門学校を卒業後、一定の実務経験を経て受験資格を取得
  • E 専門学校で資格試験のための教育を受ける

スペシャリストになろう!TOPへ戻る

Search

学校情報検索

かんたん検索

シゴトで探す

シゴトで探す

  • 資格で探す
  • 路線や駅で探す
  • オープンキャンパスを探す