Study in JAPAN-日本で学んで- 服飾系 林 惠珍さん

一括資料請求

menu

専門学校AtoZ

専門学校の基礎知識

  • 01-04
  • 05-08
  • 09-12

専門学校への4つのROUTE

  • ROUTE1 高校を卒業して
  • ROUTE2 大学・短大を経て
  • ROUTE3 社会人を経験して
  • ROUTE4 海外から留学
  • 難関資格取得への道
  • 学校選択8つのポイント
  • 気になるお金のこと
  • 進学お悩み相談室
  • スペシャリストになろう
  • 保護者の皆さまへ
  • スペシャルインタビュー
  • 専門学校の「就職」はココちがう!!

閉じる

  1. 東京都の専門学校オフィシャルサイト TOP
  2. 専門学校AtoZ
  3. ROUTE4 海外から留学
  4. 過去の記事一覧
  5. Study in JAPAN-日本で学んで- 服飾系 林 惠珍さん

専門学校AtoZ

Study in JAPAN-日本で学んで- 服飾系 林 惠珍さん

あこがれの日本でファッションを勉強する。
充実した日々を手に入れました!

服飾系専門学校 ファッションクリエイト科 1年

(イム) 惠珍(ヘジン)さん

韓国ソウル出身。韓国のファッションデザイン学院を卒業後、販売職を経て服飾系貿易会社でバイヤー職等を経験。2009年来日。2010年、服飾系専門学校に入学。

Q日本留学のいきさつを教えてください。

日本の高卒にあたる18歳で就職し、カジュアルブランドの販売職を経たあと、服飾の貿易会社でバイヤーやデザイナーの卵のような仕事をしていました。日本との取引も多かったですね。次第に一人前のデザイナーになりたいと望むようになりましたし、また高校の頃から日本でファッションの勉強をしたいとも思っていました。それで23歳のとき、思い切って来日したのです。最初の1年はワーキングホリデーで滞在しました。

Qワーキングホリデーで?

日本語学校に通う学費がなかったので(笑)。自力でアパートを借り、ファストフード店でアルバイトしながら独学で日本語を勉強しました。テキストはおもに日本のドラマとバラエティ番組。すぐに日常会話には不自由しなくなりましたが、漢字だけはいまだに苦手です。

Qそして1年後、専門学校に。

ここを選んだのはアルバイト仲間の勧めです。彼女も同じ学校で、学生一人ひとりを丁寧に見てくれる校風とのことでした。実際その通りで、先生たちの温かさを折りに触れ感じます。クラスメートはほとんど年下の日本人だから最初は不安でしたが、みんな親切ですぐに馴染むことができました。授業そのものは課題がたくさんあって、正直言ってとてもハード。でも自分のやりたかったことなので、忙しさすら喜びです。校内のファッションショーで、私のデザイン画がクラス代表のひとつに選ばれたときは最高に嬉しかったですね。

Q卒業後の予定は?

まず日本で就職しデザイナーとして認められたい。そしていずれは自分のお店を開きたいですね。シンプルで、さりげなくお洒落な服をいっぱい創りたいです。

シゴトで学校を探す

Search

学校情報検索

かんたん検索

シゴトで探す

シゴトで探す

  • 資格で探す
  • 路線や駅で探す
  • オープンキャンパスを探す