センモンリアル2016 建築系

一括資料請求

menu

専門学校AtoZ

専門学校の基礎知識

  • 01-04
  • 05-08
  • 09-12

専門学校への4つのROUTE

  • ROUTE1 高校を卒業して
  • ROUTE2 大学・短大を経て
  • ROUTE3 社会人を経験して
  • ROUTE4 海外から留学
  • 難関資格取得への道
  • 学校選択8つのポイント
  • 気になるお金のこと
  • 進学お悩み相談室
  • スペシャリストになろう
  • 保護者の皆さまへ
  • スペシャルインタビュー
  • 専門学校の「就職」はココちがう!!

閉じる

  1. 東京都の専門学校オフィシャルサイト TOP
  2. 専門学校AtoZ
  3. ROUTE1 高校を卒業して
  4. センモンリアル2016 建築系

専門学校AtoZ

センモンリアル2016 建築系

中央工学校中央工学校

気がつくといつも一緒の道を歩いていたふたり。<br>将来も一緒に父の会社を盛り立てたい。気がつくといつも一緒の道を歩いていたふたり。
将来も一緒に父の会社を盛り立てたい。

YOSHIZAWA SHUN

吉澤 隼さん

  • 建築設備設計科1年
  • 東京都立小岩高等学校出身

YOSHIZAWA YU

吉澤 裕さん

  • 建築設備設計科1年
  • 東京都立小岩高等学校出身
ずっと同じ道を進んでいらっしゃるんですね。
中学生のころ、将来先生になって野球部の顧問をしたかったので、高校を受験するときに別々の学校に行くのかなと思っていたんだけど、決まってみたら同じだった。
別に合わせたわけでもなかったのに、気がついたら一緒になってた。
それで、高校を卒業したら専門学校へ行くことは決めていたから、高校であった専門学校の説明会に出てパンフレットをもらって持って帰ったら、それを父が読んでいて、「ここがいいんじゃないか」って勧めてくれたのが中央工学校。
きっと、家が自営業で、マンションや公共施設の配管施工などを手掛けているから、給排水や空調分野のことが勉強できる中央工学校がいいと思ったんだろうね。
そうだね。
家業を継ごうと思ったのはいつぐらいからですか?
高校3年のときに父に進路の話をしたことがあって。「まだ迷ってるけど、継ごうかなと思ってるんだ」って。そうしたら、「自分と同じ仕事をしてくれるんだ」って嬉しそうに親戚に話していたらしくて。それを聞いてしまったものだから(笑)、やっぱり継ぐのがいいかなって。
同じ同じ。家の仕事をすることを、喜んでくれるんだなって。
それまでは、あまり父親と話をすることもなかったけど、今は課題などでわからないことがあると聞いたりして、よく話すようになったよね。
この間、平面プランを考えていたときにも、相談したし。図面を早く描く方法とか、教えてもらったね。
他にもいろいろ。専門的なことをたくさん知っているし、現場で役立つこととか知識も技術もたくさん持っていて、やっぱり先輩としてすごいなって思う。
思うね。後期になってから課題がたくさん出るようになったから、ふたりで相談することも増えたね。
疑問点が出てくると、ここどうだっけ?とか。
楽しそうですね。
とにかく課題が多いので、大変なんですけど(笑)。給排水・衛生設備とか、適切な水道管を選ぶために計算しているときなどは、専門的なことを勉強しているなって思えて結構楽しい。
建築物の耐久性を考える、構造力学とか。興味深いし楽しいね。
課題が多い!といいながらも、課題が多いから、がんばって課題に取り組んでいると、自然と力がついている気がする。知らないことを知ったり、わからなかったことがわかったりしたときって、本当に楽しいと思えるし。
将来はふたりでご自宅の会社経営ですか?
今父がやっている仕事は、祖父から引き継いだものなので、それを弟とふたりで続けていって、もっと今より大きな会社にしたいというのが目標かな。
そうだね。でも卒業したら何年かは違う建築会社とかに勤めて、それからだね。

シゴトで学校を探す

Search

学校情報検索

かんたん検索

シゴトで探す

シゴトで探す

  • 資格で探す
  • 路線や駅で探す
  • オープンキャンパスを探す